家族が亡くたった時は|最近は家族葬が人気|親しい人だけで行なう葬儀

最近は家族葬が人気|親しい人だけで行なう葬儀

家族が亡くたった時は

線香

遺族は何かと大変です

人の死は、とても悲しい出来事です。それまで普通に会うことができていた人ともう二度と会えなくなってしまうのですから、誰だって悲しい気持ちになってしまいます。しかし、悲しみが一番深いのは、何と言っても亡くなった人の遺族です。大切な人を失ってしまった直後の遺族は、大きな喪失感と深い悲しみに襲われています。でも、遺族という立場上、その感情に任せてただ泣き崩れているわけにはいきません。まず葬儀の段取りを決めなくてはいけません。また、葬儀の際には、弔問に来てくれた人に対し失礼のない対応をとらなくてはなりません。やらなくてはならないことがたくさんあるため、故人に別れを告げるための時間を十分にとれなくなってしまうケースが少なくありません。故人が骨になってから死に顔をもっとしっかりと見ておけばよかったと後悔する人が多いため、寝屋川市では家族葬形式を採用するケースが増えてきています。寝屋川市には家族葬プランを取り扱っている葬儀社がたくさんありますので、さほど苦労せずに家族葬を営むことができます。ただし、寝屋川市の葬儀社全てが家族葬プランを用意しているわけではないので、注意する必要があります。

最後の時間を大切にしたい

寝屋川市だけでなく、全国的に家族葬プランを利用するケースが増えてきています。従来通りの一般的な形式で葬式を営んだ場合、義理で仕方なくやって来ただけの弔問客も一定数参列します。そういう弔問客にも礼を欠くわけにはいきませんから、遺族には大きな負担がかかってしまいます。しかし、家族葬形式にすれば、そのような弔問客の参列を排除することができます。実際には参列をお断りするのではなくご遠慮いただく形をとるわけですが、儀礼的な挨拶や接待に時間を割く必要がなくなるので、遺族にかかる負担が軽くなります。また、気心の知れた人だけで最後の時間を過ごすことができるため、心行くまで故人の亡骸と向い合うことができます。ああすればよかった、こうすればよかったという心残りをなくすことができるので、家族葬プランが大人気になっています。

Copyright © 2017 最近は家族葬が人気|親しい人だけで行なう葬儀 All Rights Reserved.